So-net無料ブログ作成

健康の秘訣は雲と水になること [長く生きてりゃ・・・]

昨日は、義兄(姉の連れ合い)の三回忌法要だった。
パーキンソン病を患っている兄の介添えをしながら横浜市へ向かう。
 法事が行われた寺は、戸塚区にある禅寺。
ここは鎌倉円覚寺の末寺の中でも
序列が上位に位置づけられた古刹だ。

読経後、ご住職の講話があった。
「いまインフルエンザが流行っておりますが『般若心経』の中には、
自ら健康になれる方法が語られています」と切り出した。続いて
「この経文のなかには「こだわらず」「偏らず」の心が詠われている。
このこころがあればストレスは溜まらない。その結果、健康になれる」・・・云々と。

宝剣岳2931m   山頂の彩雲.jpg

雲1

  零下13度の中で撮った宝剣岳(2,931m)山頂の彩雲。

真夏のセーリング.jpg

雲2

夏の東京湾

渓流.jpg

変幻自在に流れる水。  北茨城の渓流


雲や水が流れるように各地を旅して歩く修行僧「雲水」になぞらえて
説教してくださった。
そして自由とは自らを由とすることだ、とつけ加えた。
 多少こじつけはあるものの含蓄のある話だった。
若い時から自分のモットーは、この二つに「広い心を持つ」を加えて
自身の行動基準にしてきたけれど、健康な76年ではなかった。
外科手術だけでも16回ある。己のモットーと実践に齟齬を感じる。
 
斎の席に移って、銀行員の甥が言った。
「ぼくは来週出勤したら早速上司に、きょうのご住職のこのことばを伝えたいなあ!」
つづけて
「うちは金融業界だけに金にこだわってばかりいるから・・・。」
このジョークに一同爆笑だったが次に発した甥の言葉は真実味を帯びていた。
「同僚は脳梗塞で半身不随になってしまったんです。
銀行受難の時代、たぶんにストレスからですよ」
なるほど、当を得ている。 

しかし、こだわりがなければ成しえないことはたくさんある。
科学者、アスリート、小説家、芸術家しかりだ。

当方、般若心経の教えをありのままに受け入れて健康になるには
まだまだ修行が足りない。
ふたたび旅立ちたくなった。※


[サッカー]



※再び・・・とは、30歳の後半、「人間の心のありよう」と「自然環境」の相関関係を見極めたいと、家人に無断で数か月、野宿しながら全国を旅した前科がある。無断で出かけた理由は、家内に言っても理解してくれない、と思ったからだ。知的収穫はあったが、家では居づらくなった。これがいまでも尾を引いていて、娘とぎくしゃくした関係にある。

タグ:健康
nice!(62)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

冬の遊園地 [人生とは死ぬまでの暇つぶし?]

遊園地は、言うまでもなく子供の遊び場である。

幼子が黄色い声を張り上げて遊ぶ姿は、

ほほえましい。


しかし、冬の遊園地は、訪れる人がまばらでちょっと寂しい。

喜んでいるのは、園内の動物たちだ。

1.JPG

「おう!珍しく客が来た、いらっしゃいませ~」

2.jpg

客が来ない時は、のんびりと日向ぼっこ


この時季の遊園地は普段気にもかけない光景を見ることができる。

今回も新しい発見があった。

5.JPG

こちらもお昼寝中(ドイツのブタ)

「ガキはうるさくてヤダねえ」と言っているかのよう。


6.jpg

動きの鈍いモルモットの三者会談。

「いまの若いもんは意気地がないね~」・・・

それもそのはず


7.JPG

ここは老いたモルモットのゲージの中なのだ。


8.JPG

ポニーも立ったまま寝ている。

近寄ってみれば

9.JPG

これもご老体

瞑想するポニー


老いた動物に優しい遊園地である。

自分と似たような仲間がいっぱいだ。

へんに共感する。

NHKのチコちゃんに逆らうわけじゃないけれど

ぼーっと生きているのもいいもんじゃないかな、と考えた。


丘陵地に足を向けると

あれまあ! 黄色いくちばしのカラスがあちこちに

10.jpg

11.JPG

この光景は、今の季節にしか見れない。

なぜか?

12.JPG

答えはミカン畑があるから。


野生のカラスたちにも気を配ってこうしているのだろうか?

落ちているたくさんのみかんを一個ずつ口にくわえてどこかに運んでいるのだ。

動物だけに優しい遊園地かと思いきや

人間の年寄りにも優しい遊園地であることを知る。

それがこの森

4.JPG

その名は

3.jpg

まさか「ジジ捨て山」ではあるまいか?

そうだとしたら「婆捨て山」もどこかにあるかも? 

と探したがも見つからなかった。


この森は、木更津出身の俳優千葉真一さんの弟がやっている。


[サッカー]





タグ:遊園地
nice!(58)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

一日違いの浮島現象写真 [人生とは死ぬまでの暇つぶし?]

前回のMyブログで

東京湾上に現れた「海面に浮かんだ建物」や、

あるはずがない複数の島状のものが洋上に浮かんで見えた」ので

「これなんでしょうか?」と写真を載せました。

ブロガーの皆さんから教わりました。

これが蜃気楼の一種「浮島現象」であることを・・・。

東京湾でもこんなのが出るんだあ!と驚きました。

ありがとうございました。


きょうの読売夕刊で、またも驚きました!

”読者のニュース写真” 昨年12月入選作品に

「東京湾で浮島現象」が佳作に選ばれていました。

見た人は僕だけではなかったのです。

IMG_9024.JPG

このかたは横須賀市の野比海岸からと書いてあります。

そして私が見た翌日の12月30日に撮ったとありました。

比べてみるとぼくの写真の方が鮮明のように見えます。

投稿していれば入選したかも・・・?


さて、墨絵の県展作品構想がほぼ出来上がり

試し描きを始めました。

まだ発表できませんので

きょう、息抜きに描いた墨絵を載せてみます。

三福神SIMG_9022.jpg

三福神


[サッカー]




タグ:墨絵
nice!(59)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー