So-net無料ブログ作成

弥生の海はのどか [人生とは死ぬまでの暇つぶし?]

釣り好きな人にとっては嬉しい季節です。

3月に入ると関東の山あいでは渓流釣りが解禁になります。

かつて、わたしも前日から渓流に入って夜が明けるのを待ったものです。

今は、手足が凍えるような3月上旬の渓流には足が遠くなりました。

ちかくの海で春を感じています。


きょうは土曜日、ポカポカ陽気に誘われて

ヨットハーバー脇の浜辺を散策しました。

1.jpg

海の中は若者がいっぱい


2.jpg

岸辺ではユリカモメとハトが一定の距離を保ちながら日向ぼっこ


3.jpg

どう?このポーズ、決まってるでしょ! 

人間同様、サービス精神旺盛なユリカモメ。

釣り桟橋の先端近くまで移動すると

興奮状態の青年。

なにかがかかっている。

4.jpg


となりの釣り人が長い柄の付いたタモですくうと

40センチ近くのフッコ(スズキの若い衆)でした。

5.jpg


一匹目の処理が終わる前に2匹目が釣れる。

6.jpg

海釣りも楽しそう。

この青年はフッコの鰓に紐を通そうとして指を

鰓でスパッと切って出血。

「これよかったら使いな」

自分が持っていた軍手を差出しその場を離れた。


ここひと月近く「墨の県展」出品作を描いていたため

運動不足ぎみ。

久しぶりにビタミンDを体いっぱい吸収できました。

[サッカー]


タグ:釣り
nice!(55)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 55

コメント 1

夏炉冬扇

海の匂い。
by 夏炉冬扇 (2019-03-02 22:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント