So-net無料ブログ作成
長く生きてりゃ・・・ ブログトップ
前の20件 | -

平昌オリンピックに思うこと [長く生きてりゃ・・・]

平昌オリンピック.png

長く生きていますと

東京オリンピックを2度も観れます。

あと2年命が持てばそれが実現しますので

日々健康に留意しながら過ごしている私です。

運動馬鹿のわたしですが、

今回の平昌冬季五輪はゆっくりTV観戦できません。

墨絵の県展締切が迫り、それどころじゃないのです。

IMG_4405.JPG

そんなわけで久しぶりに更新です。



続きを読む


nice!(41)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

日本語は、むずかしい [長く生きてりゃ・・・]

日本人に生まれて3/4世紀

「ながく生きてるんだもの俺の日本語は正しいよ」

そう思うのは浅はか・・・・?。

けっこう使い方をまちがえている。

きょうの日記は体験談をふまえて、そのむずかしさを記します。

足軽2.jpg


尻軽2.jpg


ご興味のある方は続き欄をクリックしてください。




続きを読む


タグ:日本語
nice!(63)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

雪と寒風 [長く生きてりゃ・・・]

豪雪地の人には

笑われてしまうかもしれないけれど

8日前、都心は大雪になった。

隣接の千葉もご覧のとおり。

1.JPG

夏の季節、「枝垂れ朝顔」を吊るした紅葉の庭木もこんな具合になった。


2.JPG

ピラカンサスに雪はよく似合う


3.JPG

ご近所はこんな具合・・・。



4.JPG

運動場も一面の雪


明後日もまた雪らしい。

こどもの頃は、雪が降れば子犬のようにはしゃぎまわったものだが

5.JPG


長く生きていると、人間は猫に近くなることがわかった。

★S炬燵猫.jpg

今は、こたつで丸くなる日々である。


「東京湾に蜃気楼のひとつといわれる浮島現象が起きた」

という新聞記事を読んだ瞬間犬に戻って海岸に走った。

ところが風が強くめちゃくちゃ寒い。

13.jpg

ヨットハーバー隣の砂防堤前もご覧のとおり。

犬を連れた人がひとりだけとは寂しい。

海面を見れば白波が立つなか

風ニモ負ケズ冬ノ寒サニモ負ケヌ

若者たちがいる。

11.jpg

チムニーの煙の流れを見れば風がいかに強いかがわかる。

経験的にいうと13m/secは吹いているようだ。

10.jpg

左上部に富士山がうっすらと見えるが浮島現象ではなかった。

12.jpg

ドライスーツ※を着ているとはいえ、なにもこんな日に・・・と思う齢になった。


あまりの寒さに10分ほどで車に戻る。


[るんるん]春よ来い 早く来い 歩きままならぬ爺さんが

たーんと薬を飲みながら 心臓止まると泣いている~


[サッカー]

ドライスーツとは:ウェットスーツは、海水が首や腹部等から入ってくるのに対し、首部分がきつくなっていて海水がなかに入らないようになっている防寒海洋スポーツ・スーツ。



タグ:雪と北風
nice!(69)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

年の瀬に [長く生きてりゃ・・・]

SSS★涅槃のおれ.jpg

「寝正月」ということば何度も聞きますが

「寝師走」なんてことばは聞いたことがありません。

ところが何かと忙しい年の瀬に

体調を崩し連日寝ています。


時々、心臓の動きが止まることは以前記しましたが

今回はインフルエンザと

心房細動の再発が同時にやってきました。


そんなわけで、更新やniceボタンの返礼もできず

失礼しています。

今年一年アクセスをしていただきました皆様に

こころより御礼申し上げます。

とりあえず、年末のご挨拶といたします。

良いお年をお迎えください。


[サッカー]

タグ:年末
nice!(42)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

北風の中で [長く生きてりゃ・・・]

気まぐれ日記 

2017.12.17


 SS★柴犬 落款入り-4.jpg

木枯らし吹く中、川沿いの道を歩いた。
何度も歩いている河畔だが珍しく川鵜ではなく
海鵜が50羽ちかく川面に浮かんでいる。
海が荒れている日は、こちらの方が捕食しやすいのかもしれない。
いつもなら我がもの顔で採餌しているアオサギや白鷺も
黒の集団に恐れをなしたのか
芦や枯れ尾花の茂みに隠れているらしく姿が見えない。
 3キロほど歩いた時、
前方から黒の柴犬を連れたご婦人がやってきた。
柴犬は他人になつかないはずだが、
声をかけるとニコッと笑ったようなしぐさをして尻尾を振った。
「可愛いですね」
「ありがとうございます」
「何歳ですか?」
「47歳になります」
「いや、奥さんのじゃなくて犬の年齢です」
「あら、はずかしい! この子は12歳です」
「もっと若く見えますね」
「いいえ~、人間でいえば60歳をとうに超えているんじゃないかな、
もう、くたびれ爺さんですよ」

黙して語らずその場を去ったが、
心のなかでは
「じゃあ古希を4年も過ぎた俺はなんなのさ・・・。くっそ~!」 

13年後、ここで再会したら
「あなたもくたびれババアになりましたね」
と言い返したいところだが
その頃こちらは草葉の陰よ。

[るんるん]北風ジジイの寒太郎~


[サッカー]

nice!(77)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

ジジ・ババの遠足 [長く生きてりゃ・・・]

 [るんるん] おれは河原の枯れすすき

  同じおまえも枯れすすき・・・・

 

『船頭小唄』にもあるように利根の河原には枯れ尾花が良く似合う。

土手の桜も風情があるが今は初冬、すでに葉は落ち,枝のみになった。

今回は(一文字ちがうが)枯れ牡花10人と、

色気が霞みつつある姥桜12人が

千葉と茨城の県境を流れる利根川の河畔を揃って歩いた。

 

1.jpg

土手から撮った22人のシルエット

 

いつもなら山頂を目指して歩を進める登山の会なのだが、

187回目の今回目指す先は、

関東三大弁天の一つ布施弁天(県重文)と、

かつて幕府の軍馬の放牧場だった「小金牧※」で

牧士(もくし)を務めた

名主・旧吉田家住宅歴史公園(国指定重文)だ。

 

2.JPG

 

3.JPG

 

 過去20年も一緒に歩いている仲間なので、

高校時代の同期生というよりも

大所帯の兄弟姉妹みたいな雰囲気である。

発足当初の話題は、子供の話が多かったが、

ちかごろは孫が大学を卒業した話などに移り歳月を感じる。

 

 「きみんちの娘さんはたしかアメリカ人と結婚したんだよね」

「うん、そうだよ。孫が二人いるの」

「じゃ、お孫さんの目は、左が黒で右がブルーかい?」

「猫ならいるよね、うちは青い目では絶対生まれてこないよ」

「なぜ?」

「だって娘は、黒人と結婚したんだもん」

 

 

早稲田の落研※OBのNくんとわたしは、

よく笑い話に花を咲かせる。

先代の圓楽さんの実弟(同落研OB)のジョークは、

じつにおもしろい、お前に似ているぜ、と言った後、

「どう見たって英は大学教授にゃ見えねえな、チャラ男だよ」

互いに知り尽くした仲間なので、

なにを言われても笑って済ませることができる。

 

ま、こんな他愛のない話を交わしながら歩くので、

19,000歩以上歩いても疲れはしない。

[サッカー]

 

小金牧(こがねまき)は、江戸幕府が現在の千葉県北西部の下総台地に軍馬育成の ため設置した放牧場である。千葉県には小金、佐倉、峰岡と3つの放牧場があったが、小金牧は一番広く、現在の野田市、柏市、白井市、鎌ヶ谷市、船橋市まで及ぶ。

 

落研:落語研究会の略称。オチケンという大学がほとんどだが早稲田ではラクケンという。

                     ◆




タグ:山麓会
nice!(77)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

顔から火が出た 赤っ恥! [長く生きてりゃ・・・]

長く生きておりますと、いいことばかりじゃありません。

きょうは、顔から火が出るほど恥ずかしかったことを記します。


★天狗.jpg

続きを読む


タグ:
nice!(61)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

日の丸を背負った選手 [長く生きてりゃ・・・]

来年は4年に一度の冬季オリンピックの年です。

1ピョンアン五輪.png

韓国・平昌冬季大会シンボルマーク


3年後は、東京オリンピック夏季大会です。

シンボルマーク.png


アスリートたちは、競技に勝つことが使命ですから、

それぞれの目標に向かって猛練習の日々と思います。

わたしたちは、「金メタルをいくつをとるかな」などと

無責任で気楽な会話をしています。

選手にとって声援は嬉しい半面

重荷になることもあります。

きょうは、オリンピックに命を奪われた

日本人アスリートのノン・フィクション ストーリーです。



続きを読む


nice!(60)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

年寄りはカタカナ文字が苦手 その1 [長く生きてりゃ・・・]


昨日は兄の通院に同行する。

かれは3年前、眷属の告別式の日、突然右手が震えだした。

若い時から大酒のみだったので、

親類の誰もが「ついにアル中になった」と言い出した。

翌日、病院で検査したところ

震えの原因はパーキンソン病から来ていると判明する。

この病気、一度罹ると進行を遅らせることはできても治らないらしい。

年齢が79歳なので、もう車の運転はできない。

そんなわけで運転代行を務めたわけ。

 

予約してあるにもかかわらず

神経内科の待合室で2時間半も待たされた。

この病院、パーキンソン病の専門医は1人しかおらず、

週に一回午後だけ診察することになっている。このため、

待合室は同病の人ばかりだ。

あっちでもこっちでも、頭や手足を小刻みに揺らしている。


院内の冷房が効きすぎでこちらまで小刻みに震えだした。

このためトイレに行く患者が多くなった。自分もその一人だ。


クリアファイル入り診察票.jpg

クリアーファイル入り診察票(イメージ)


 トイレに入ると、上図のようなA4のクリアーファイルを持った老人が

便所のドアーを次々と開け閉めしながらわめいている。


「くそー! どこにも入れるとこなんかねーじゃねえか」と。


清潔なトイレなのに糞を入れるところがないとは意味不明だ。

ここは病院、精神を患っているのかと思った。

黙ってこの場を去ろうとしたが、

持ち前のおせっかい癖が頭をもたげて「何を探しているの?」と聞けば


「この診察台帳をトイレに入れろと診察受付に書いてあったから来たんだ。

どこに置いたらいいのかわかんねえ」という。


検尿のコップならトイレの片隅に置き場所がある病院もあるが、

ここにそんな置き場所はない。

不思議な案内もあるもんだ、ちょっとその掲示板を見てみようと

診察受付に寄ってみた。

驚くことなかれ確かに書いてある。

信じられずもういちど読み直してみた。


そこには「基本診察台帳は、トレイに入れてください」とあり、

脇に乳白色の樹脂製の箱が置いてあった。

IMG_2927.JPG


これを兄に伝えるとケッケ・ケッケと笑いだした。

違和感のある笑い方だが、(この病気の)薬の副作用なのか笑いが止まらなくなるとのこと。

患ってからも頭は正常なのに時々奇声をあげて笑いだす。しかも30秒近く笑い続ける。


病院は、健常者でも精神的におかしくなる。


[サッカー]

※ハヤトチリさんの診察票は、本物ではありません。

タグ:病院
nice!(71)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第67回千葉県民体育大会夏季大会 ヨット競技 [長く生きてりゃ・・・]

先週末、ヨットレースがありまた。

千葉県の郡市対抗競技です。

郷土の名誉にかけて戦うのですが、今夏は第67回めになります。

自分はこの大会に40年以上参加しています。

マイナーなスポーツですから

群市の監督・選手は、ほとんどいつもの顔ぶれで

和気藹々、楽しい大会です。

今回の会場は

日本百景のひとつ房総半島南端の館山市鏡ガ浦(館山湾)で行われました。

4 北条海岸 .JPG


3 鏡ケ浦から見た富士 日本百景.JPG

レース海域 鏡が浦

左遠方に富士山がうっすらと・・・。


ヨットレースは大きく分けますと

インショア レース(主にディンギータイプで沿岸で行われる)、

オフショア レース(クルーザータイプで遠海で行われる長距離)、

それに艇種別や、艇種に関係なくセール面積でハンディーをつけるレースなど、

いろいろあります。

が、今日は千葉県の県大会レース(ディンギーのインショア レース)を

経験のない方にもわかるよう、解説を加えながら

時系列にご紹介します。



続きを読む


タグ:セーリング
nice!(73)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

山の仲間 [長く生きてりゃ・・・]

うちの朝顔はまだ本格的開花期を迎えていないので
今は蔓巻作業、剪定、防虫剤散布、追肥、支柱づくりなどを
1日8時間近くやっています。

1.白馬スキージャンプ台の夜景.JPG

これなんだかわかりますか? 答えは続き欄に・・・


自分の趣味は夏に集中するので、とにかく忙しい日々です。
なかでもヨットと山登りは、青年期からやっていますが
当たり前になってしまって、ブログに載せることが少ないのですが
きょうは、先週行った八方尾根と山仲間の絵と記を載せます。



続きを読む


タグ:登山

第42回こども将棋名人戦決勝 [長く生きてりゃ・・・]

ちかごろ話題の中学生は、

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)です。

デビュー以来、大人のプロ棋士相手に18連勝を達成したことです。

かれは18日、大阪市の関西将棋会館で竹内雄悟四段(29)を破り、

公式戦連勝記録を更新しました。

全体の連勝記録でも羽生善治3冠らと並ぶ歴代7位タイとなる快挙だそうです。

 

先月、マイ・ブログ『高僧の末裔が亡くなった』で紹介した小学生

高坂直矢くんも

間もなく話題になるかもしれません。

きょうは先般行われた「こども将棋名人戦」の結果報告です。


参加者3191人のなかで勝ち残ったこの4人で争われました。

IMG_9845.JPG

ひときは小さい高坂くん


最速小4高坂直矢 くん (1).JPG

2年前最初にわたしの先輩が、手ほどきした直矢くん


最速小4 (2).JPG

宮崎県代表岡崎忠伸くんとの対局

ここで勝ち決勝戦に進んだ


第2局はこの2人

IMG_9847.JPG

第2局は、圓谷(えんや)くんが勝ち進み決勝戦へ



最速小4高坂直矢 くん (2).JPG

決勝では6年生の東京代表の圓谷(えんや)くんと対局


参加者3191人の頂点に立ったのは圓谷くん。


高坂直矢くんは惜しくも負けましたが、

将棋を覚えてたったの2年、

しかも最年少で決勝まで進むとは

まれにみる逸材なのです。

将来が楽しみです。


[サッカー]




 ◆写真は5月13日放映のNHKTVから転載しました。


次回は、きょうから始まった「第41回千葉県墨の県展」の内容を掲載いたします。




タグ:将棋

検見川浜のビーチフェスタ [長く生きてりゃ・・・]

IMG_20170521_0001.jpg

今年一番の暑さの中、千葉市の検見川浜で開かれた

第5回ビーチフェスタに行ってきました。

浜はいつもの静けさがどこへやら人人人でいっぱいでした。

セーリングのレースもあったのですが、後輩に要件を託して早々と帰宅。


今日の午後からは延び延びになっている朝顔の種まき前の作業です。

夜は、ホテルで友人の激励会。病気はどこかへ吹っ飛び中です。


明日から1週間県立美術館に詰めるので朝顔作業ができません。

県展最終日の翌日は入院日。

6月3~4日は世界最速のモータースポーツ

「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」を海から観戦予定。

長く生きていますと何かと忙しくなります。



1.JPG


ここは稲毛海浜公園の一角にあります。

-1.JPG



まずはヨットハーバーから


2.JPG

これはレース前のレーザー艇



4.JPG

小学生のOPディンギー体験学習



浜に出る道では

5.JPG

バザーです


6.JPG

案内所


浜では

7.JPG

フラダンスのダンサーたちがぞくぞく集結。

フラの衣装が良く似合う人、そうでない人、みな楽しそう。



7-2.JPG

ハワイアンメロディー奏者も用意万端。

ブエナビスタ ソシアルクラブのボーカルに何となく似た老人。


8.JPG

チームワークで頑張ろう! リーダーの挨拶

仲間に入れぬ左隅の男性は寂しそう


9.JPG

海難事故に備えてパトロールチーム出動


海の上では

10.JPG

スピンネーカーを上げてランニング(追って風時の帆走)のヨット470艇


ぼくが高校生の頃のこの海岸は

昭和35年 打瀬船.jpg

昭和35年の打瀬船 幕張海岸


昭和42年埋め立て.JPG

東京湾の埋め立てが行われていたころ

ここがいまは大団地です。


12 昭和46年 幕張海岸.JPG

昭和46年の幕張海岸です。


ずいぶん変わりました。


[サッカー]

 



タグ:
nice!(42)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高僧の末裔が亡くなった [長く生きてりゃ・・・]

 萱間治郎先輩3.jpg

義兄の49日法要は、先週末氷雨降る厳寒のなかで行われました。

帰宅してみると(学生時代の)運動部の先輩Kさんの訃報が届いていました。

3月18日に亡くなり、家族葬を済ませたという知らせでした。

Kさんと親しかった初代OB会会長宅に電話を入れると息子さんが電話口に出て

「母が今亡くなったところで取り込んでいる」と電話を切った。

二重の驚きです。

初代会長夫人もバスケットボール部のOGでした。

長く生きていますと別れの辛さを何度も味わいます。

きょうは、わたしが尊敬してやまないKさんこと萱間治郎氏の追悼日記を載せます。

ちょっと長い拙文ですがご興味のある方は続き欄を開いてみてください。

◆◆◆

続きを読む


タグ:人物
nice!(36)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブログ更新ができない理由 [長く生きてりゃ・・・]

ブログ更新をさぼってから半月が経過しました。 

いつもアクセスしてくれる友人から

「英、生きてんのか?」なんてメールが届きました。

「呼吸してます。未亡人です」

と返信したら

「おまえいつから女になったんだ」と電話が入る。

「ボケたんと違う?」とも言われた。

未亡人とは、字面からいうと「未だ死ねない人」なんだがなあ・・・

じつは、身内が10日前に亡くなり

ブログどころじゃなくなったのです。

そんなわけでもう2.3日更新できません。

ご心配ありがとうございました。


タグ:家族

茶太郎のその後・・・。 [長く生きてりゃ・・・]

茶太郎.JPG

連載したころの茶太郎2014-11-14 
 

茶太郎の連載[晴れ]をしてから3年近く経った。

彼はいまだ健在である。晩年になって気の毒な出来事があった。

自宅前の広場、かれにとっては憩いの場所がなくなってしまったことだ。

ここは日当たりも良く、

適度な草もあり身を隠すにも丁度良い場所だったのだが、

ここに犬の家に発音が似たワン・ルームマンションができてしまった。


 憩いの場を失ったかれは、新しい場所を探しまわる。

やっと見つけたのは、車が頻繁に行き交う道路を渡らなければ

たどり着けない無人マンションの前庭だ。

ここは、管理不行き届きから60センチくらいの草が一面に生えていて、

日向ぼっこにはちょうど良い場所なのだ。

ただここへの往還は、緊張が伴う。

彼は後ろ足が複雑骨折したままもう10年は経つ。


前足二本で行き交う車の間隙をぬって行き来しているのだ。

寒さで傷口も痛むらしい。足取りがおぼつかない。


 きょうも散歩の途中、道路わきの枯草の中を覗くと、いたいた。

横向きで馬が寝る時のようなポーズ(足4本を投げ出した格好)で

横たわっている。

SS茶太郎IMG_8485.jpg

現在の茶太郎2017.2.16

猫は勝手、というが

どんな猫でも呼べばなんらかの反応をするのが常だ。

茶太郎は、とくにサービス精神旺盛で、

遠くからでも呼べばニャ~と言いながら近寄ってきて

挨拶に応じる。

しかし今日は違った。

「チャ~おはよう」と言っても反応がない。

いつもなら寝ていても耳だけはぴくっと動かすのだが・・・。

高齢につき、もしや?と心が動転する。

四度呼んだとき、

やっと首をもたげてこちらを向いてくれたが、

動こうとしない。寝ぼけているのだろうか? 

いやちがう。

日増しに反応が遅くなってきたようだ。

茶太郎を見て自身の動きを重ねてみた。

敏捷さがなくなり、注意力も散漫になってきた。

[サッカー]

[晴れ]連載過去記事:
気まぐれ日記‐STRAY CAT  その1 チャとシッポのこと・・・2014-11-14 
気まぐれ日記‐STRAY CAT  その2  シッポに触った。・・・・2014-11-14
気まぐれ日記‐STRAY CAT  その3   茶太郎への助言・・・ 2014-11-19
気まぐれ日記‐STRAY CAT  その4   シッポの代わりが・・・2014-11-22
気まぐれ日記‐STRAY CAT  その5  同じ境遇に思う・・・・・2015-09-07


 


タグ:
nice!(64)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

廃れ行く日本の風景 [長く生きてりゃ・・・]

★★★七草.jpg 

七草

新しい年も足早に進んできょうは五節句のひとつ人日(じんじつ)である。

ちかごろは日本の伝統家庭行事や風景が消えて、寂しい。


年の瀬の風物詩のひとつに障子張替があった。

各戸は縁側や庭、路地などに障子を出し、

一年の垢を洗い落とし、真っ新な障子紙に張り替えて正月を迎える。

自分が子供のころは一家総出で行われていたものだが、

時が移り、家の構造に障子そのものがなくなってきたためか

都心でこの光景はほとんど見られなくなった。

わが家の障子張替は次のようなものだった。

子供たちにとって、この時だけは思い切って障子紙をバリバリと

破ける楽しみがあった。

バケツの水に浸した雑巾で長姉は

障子の桟にこびりついた汚れをふき取り、糊をはがす。

七輪に掛けられた鍋で糊を作るのは次兄、

あねさん被りに割烹着姿の母は、

真っ白な巻紙(障子紙)を手際よく左から右へ、

下から上へと順に張ってゆく。

これを真似て二番目の姉が上から下へと張りはじめると

「ダメダメ!」と母に叱られる。

紙が重なった部分が剥がれてくると、ここに埃がたまるからである。

出来上がった障子をもとの位置にはめ込むのは

父と長兄の役目だった。

家父長のもとに家族は一つに纏まり共同作業のなかで、

子は親からごく自然に生活の知恵を学んだものだ。


昨日、映画『この世界の片隅に・・』を観た。

戦時中、不器用ながら懸命に生きる少女とその家族の

日常生活を描いたアニメーション映画だ。

このなかに食糧不足から、

薺(ナズナ)、タンポポ、ハコベやスギナを採って

お粥のなかに入れて食べるシーンがあった。

戦時中は毎日の食材が

路傍や田畑にごく自然に生えていた雑草を食って

命をつないだ時代だった。

観客は年配者が多い。

この映画の評価が高い原因は、それぞれの「むかし」が

よみがえってくるからだろうか?

S★ザルなかの七草のコピー.jpg

S★今朝の七草粥.JPG


今朝の七草粥は、

ノスタルジックな気分にさせられた。

[サッカー]

[語彙注釈]
五節句とは:毎年五度の節句をいう。①正月7日が人日(じんじつ)=七草、②3月3日が上巳(じょうし)=桃の節句・ひな祭り、③5月5日が端午(たんご)=男子の節句、④7月7日が七夕・星祭り、⑤9月9日が重陽(ちょうよう)=菊の節句の五つをいう。

七草とは:芹(セリ)、薺(ナズナ=ぺんぺん草)、御形(ゴギョウ=ハハコグサ)、蘩蔞(ハコベ)、仏座(ホトケノザ)、菘(スズナ=蕪の別称)蘿蔔(スズシロ=大根の別称)
                        


タグ:七草粥
nice!(59)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熱気球のなかで・・・ [長く生きてりゃ・・・]

熱気球.jpg 

こちら、ただいま38度弱の熱気球に乗って空宙を彷徨っています。
すでに7日が経過していますが、ラダー(舵)も、
コンパスもない熱気球は、なかなか着地点が見つかりません。
昼間は太陽の暖かさに包まれて比較的安泰なのですが、
夜になると気球全体が破裂するほどの咳に悩まされています。
喉の奥はアベかわ餅のような痰がまとわりつき、
詰まった鼻孔からときたま出る空気は、プウ・チンと異様な音を発します。
四島ならぬ穏当な日々はそう簡単にやってきそうもありません。

さて、今年もあと半月、今年一年のマイ・ブログ総括をする時期に至りました。
しかし、熱気球のなかでの論理的思考は無理です。
思いつくまま続き欄に掲載いたします。

(今回は本文での写真・挿絵は省きます)

◆◆

続きを読む


nice!(61)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

真珠湾攻撃の日に考えたこと [長く生きてりゃ・・・]

明日は、75年前旧日本海軍が米ハワイの真珠湾を奇襲した日です。
日米戦争が始まった日です。 

 読売新聞 真珠湾攻撃記事.jpg

朝日新聞 真珠湾攻撃記事.jpg

戦争は勝っても負けても人間の肉体と心を傷つけます。
安倍首相が現役首相として初めて慰霊のため真珠湾を訪問するとのこと。
敵味方の、指導者と戦士が戦争犠牲者を悼み、過去に折り合いをつけ、
平和を誓うことはいいことです。

 1IMG_7550.JPG

兵士の体内に食い込んだ弾丸を取り除く 衛生兵の手術 (等身大ジオラマ)
前線では麻酔薬がなく、苦痛にあえぐ兵士の顔が痛々しい。

その記念日を前にしての心象日記を続き欄に記します。

◆◆◆

続きを読む


タグ:戦争と平和
nice!(72)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

千葉パルコ最後の日 [長く生きてりゃ・・・]

IMG_7436x.JPG 

千葉市の中央繁華街に出店して40年、

県民から愛された千葉パルコが今日最後の日を迎えました。

野次馬根性で行ってみました。

10日前にJR千葉駅が大々的にリニューアルされてオープン。

IMG_7450x.JPG

IMG_7465.JPG

IMG_7456x.JPG

<千葉駅中央エントランス>(詳細は続き欄の付録参照)

こちらパルコは、ちょっとさみしい店じまいです。

千葉市の中心商店街は次第にすたれ、

駅近辺と駅中がにぎわう現象が続いています。

千葉パルコが進出するまで、この地は地元企業のタバタ百貨店でした。

が、火災が発生し、最上階に住んでいた社長まで巻き込んだ悲しい歴史があります。

すぐ近くには奈良屋デパートがあり地元の百貨店が

多くの人を集めていました。

しかし、時の流れとともに人の流れも変わり、中心街の大型店は次々と閉店。

(近々、三越デパートも閉店です)

きょうだけは、当時の賑わいを見せてくれました。

IMG_7435x.JPG

IMG_7439x.JPG

IMG_7434x.JPG

同じビルの一角で友人が写真店を経営しているので立ち寄ってみました。

「これからどうするの?」と尋ねたところ

「おれもやめるよ。これといった趣味がないから酒くらって死んじゃうよ」

寂しい答えが返ってきました。

[サッカー]

続き欄は、近隣にお住いの方だけへのお知らせです。

続きを読む


タグ:水墨画
nice!(46)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | - 長く生きてりゃ・・・ ブログトップ