So-net無料ブログ作成
検索選択

栗ドロ問答 [長く生きてりゃ・・・]

昨年11月3日のブログで『柿木問答って何?』という
ちょっと色っぽい記事を載せましたところ1300人以上のアクセスがありました。
きょうは「栗ドロ問答」なのでちょっとトゲがある実話です。

SS栗 暁烏印 .jpg

本文は続き欄に・・・。

続きを読む


タグ:水墨画

彼岸 人はなぜ墓参りに行くのか? [長く生きてりゃ・・・]

 [るんるん]ジャジャジャ ジャーン!
カーステレオから流れる天満敦子のバイオリン曲に耳を傾けながら
先祖の墓に向かっていると、曲は突然ベートーベンの『運命』に変わる。
「お墓に着いたよ」という合図である。
 以前、カーナビに目的地を記憶させるときに音楽を入れてみた。
自分がいつか入る墓には『運命』がよかろうと入れたのだが、
それを消去する方法がわからず今に至っている。
 盆・彼岸、墓掃除に来るたびに[るんるん]ジャジャジャ ジャーン!が
車内に鳴り響く。
親類の者が同乗した時、「おっ、こりゃ何だい!」と驚かれた。
「大した人生じゃなかったが、ここがおれの行き着く先の運命よ」
というシャレなのだが。
 

きょうは彼岸の中日。
先祖と自身の入居?予定地にゆく。

SS▲▲▲寺家墓.jpg

正面が先祖の墓、手前の芝生が自分の入居予定地4畳半
 

なぜ人は墓参りに行くのだろう。
ときつめてみると、お墓はその家のシンボルであり、
亡くなった人と今生きている人との交流の場だからではないだろうか? 
先祖の前で手を合わせ感謝の意を表することは、ごく自然な行為では・・・。

★★遺影碑に手を合わせる母子.jpg-2.jpg
墓前に手を合わせる幼児

なのに、墓のない時代がやってきた。
魂魄である墓地は、神道でいう木(ご神木)や鏡(神鏡)
などと同じ一種の憑代(よりしろ)であるとおもうが、
手を合わせる場所が失われつつある。
この考え方はもう時代遅れなのだろうか。
アニミズムの世界にはロマンがあったような気がする。

※注釈:アニミズム(英:animism)は生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方。日本語では「汎霊説」、「精霊信仰」などと訳されている。この語はラテン語のアニマ(anima)に由来し、気息・霊魂・生命といった意味である。

[サッカー]


nice!(59)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花好き老人からの便り [花と心象]

昨日からシルバーウイークに入りました。
この呼びかたはゴールデンウイークと対比した造語なのでしょうか?
連休のなかに敬老の日があるからシルバーと呼ぶのでしょうか?
きょうは玄(くろ)※に近い高齢の人から届いた今夏の朝顔報告と近況について
続き欄に記します。

IMG_0003.jpg

報告写真①:自作の支柱 幅6m,高さ3m。大がかりでなかなか立派な支柱だ。

IMG_0002.jpg

報告写真②::右下の文字に老人の誠実なお人柄がにじみ出ている。

IMG_0004.jpg

写真報告③花数は少ないが丹精込めて作ったあとがみえる。


 

続きを読む


タグ:老人
nice!(46)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

くらしの植物苑(千葉県佐倉市) [花と心象]

爽籟(そうらい)とは、さわやかな風が笛の響きのように聞こえる風情をいう。
俳句では秋の季語だ。だが今の季節は初秋なので爽涼が適語かもしれない。
しかし、きょうの蒸し暑さは、そのどちらにもあてはまらない。

164回めの山行が東武線の不通で中止となった。
予定が狂ったので佐倉市にある国立歴史民俗博物館付属の
「くらしの植物苑」へ足を向けた。

★IMG_0528.JPG

自宅から車で約1時間の道のりである。
実りの秋を迎えた往還の田園風景は心を和ませる。
と、同時にこんな時季、堤防決壊による常総市の田園被害の悲惨さが頭をよぎる。

7月28日から始まった伝統の朝顔展は明日で終了。

★IMG_0568.JPG

だれも訪れる人のない「くらしの植物苑」で名残の変化朝顔を鑑賞する。

★IMG_0534.JPG

訪れた時間が昼過ぎだったから
朝方咲いた花は水盤のなかにわずかに残っているだけ。


★出物系統 No.419燕の出物、黄抱常葉燕 紫丸小咲 牡丹.JPG

出物系統No.419 燕の出物、黄抱常葉燕紫丸小咲牡丹

★出物系統No.607 親牡丹 青斑入蜻蛉丸笹葉 紅覆輪切咲牡丹.JPG

出物系統No.607 親牡丹 青斑入蜻蛉丸笹葉紅覆輪切咲牡丹

★出物系統 牡丹の出物No.963青斑入州浜 淡黄丸咲牡丹.JPG

出物系統No.963 牡丹の出物 青斑入州浜淡黄丸咲牡丹

江戸の昔から朝顔愛好家にとって
黄色い花を作り出すことは至上の喜び。
この写真の出物のいきさつは知らないが、胸がときめく。
明日どんな開花をするのだろうか? 興味津々。

朝顔以外の植物は、続き欄に・・・。

続きを読む


タグ:アサガオ
nice!(66)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コシノ・ジュンコ [人生とは死ぬまでの暇つぶし?]

superasuka3-thumb-1428825313083323[1].jpg

秋の長雨を秋霖という。
「降るだけ降ったら止むだろう」と
のんきに構えていたが、これほどしつこく降り続けると
気がめいる。
そんななかで昨日更新された般若坊さんの
ブログ「I am a cat 1」に抱腹絶倒! 心だけが先に晴れた。
是非アクセスしてみてください。

とくに笑えたのは服飾デザイナー・コシノ ジュンコとそっくりの猫だ。
かつて、かのじょの製品を見まちがいしているから、
その思いはなおさらだった。

以下は、コシノ ジュンコの製品が巷に出だしたころの
わが家の出来事だ。

続きを読む


タグ:見間違い
nice!(58)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブログとブロガーのこと [長く生きてりゃ・・・]

 SS★★★IMG_1302-4_edited-1.jpg

朝顔ブログから一転して今日は評論のようなちょっと硬い記事を書きました。
ブログってなに? と疑問を持つ人
あるいはこれからブログを立ち上げる人の参考になればと
個人的感想を記します。
活字がにがての人はパスしてください。

続きを読む


タグ:ブログ
nice!(52)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今夏の朝顔づくり ファイナル編 [マイ・アサガオ'15]

m_E29885E29885E29885E69DBEE5B3B6E7B4ABE69982E99BA8E7B59EE3828A[1].jpg

第1回投稿写真 

朝顔づくりのブログを開設してから3年経った。
毎年自然環境が異なるから、育ち具合や出来具合も異なる。
しかし、作業手順や、土づくり、支柱の立て方等の基本は毎年同じである。
めっきり涼しくなりこれから種の採取時期に入るが、
この採種方法や保管方法も過去のブログにその要点を記している。
したがって今夏のアサガオづくりブログはきょうでおしまいにしたい。

今後のシーズン・オフは、いつものようにカテゴリーを次の3つ
①花と心象 ②長く生きてりゃ ③人生とは死ぬまでの暇つぶし?・・に分けて
絵と記を載せてゆきたい。
②と③は、朝顔記事より面白いと言ってくれる人が多いので
ボケ防止に再トライしてみる。

そのまえに今期の朝顔づくりの総括をしてみたい。
総括篇は続き欄に・・・。

続きを読む


タグ:アサガオ