So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

#Me Too ! [長く生きてりゃ・・・]

IMG_20180422_0001.jpg

長く生きておりましても

わからないことがだらけです。

「男尊女卑」もそのひとつです。

このことば、古代にはなかったのですが

なぜか平安時代ごろから女性は不浄なものとされ

今日に至ったようです。

現在、古き良き時代へ戻れというのでしょうか

性差別の被害告発運動が世界中に広がっています。

きょうはこの辺りの私見日記を続き欄に記してみます。

ちょっと文字数が多く硬い文章ですが・・・。


続きを読む


nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年の桜5 葉桜まつり他 [花と心象]

関東地方の街中でのソメイヨシノはすでに葉桜です。

このたび登山同好会の13人で都下「めじろ台」の万葉公園から

多摩御陵、多摩森林科学園を歩きました。

1.葉さくらまつり.jpg

万葉公園


例年より1週間ほど早く咲いたため
町内会が決めた桜まつりの日は、花なしでサマになりません。

本当は「さくら祭り」ですが、ご覧のとおり花弁は見えません。

太鼓を打つ人も奥の方で控えめです。

そこでちょっと気を利かせ、「葉」を付け加えてみました。

このくらいの臨機応変さがあってもいいのでは?


2.JPG

多摩森林科学園(森林総合研究所)

ここは8ヘクタールの広さを持つ桜保存林です。

日本全国の主要な桜の栽培品種や、銘木、天然記念物などの接ぎ木クローンが

なんと約500栽培ライン、1,400本植えられています。


3.JPG

30年前は、はがきで事前申請した者だけの入場でした。

今は、400円払えば、いつでも入れるようです。

以前より、広くなり園内も整理されていました。

しかし、いまの時季、咲いている桜は3割くらいです。


6.JPG

八重桜の花芯から1枚の葉が出ている。一葉の一種か?


7.JPG

現在咲いているのはほとんどが八重桜です。


8.JPG

川沿いに咲く桜もいいですが谷あいに咲く花もいいものです。


9.センボンヤリ.JPG

センボンヤリらしき野草を見つける


10.JPG

いろんな種類が・・・。


11.JPG

すべての木に名前や由来が書かれているのですが、友人との話に夢中になり

メモを取るのを忘れてしまいました。


12.JPG

帰路高尾駅に向かう道すがら見つけた二種類のマンサク


 今日のコースで一番気になった場所は下図の踏切です。

5.JPG

犬を連れて渡ろうとする人は、ここで愛犬と涙の別れをするのだろうか?


[サッカー]



タグ:さくら
nice!(61)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

朝顔の種まきはいつが最適? [花と心象]

先週から今週のはじめにかけて
夏日のような日が続いたせいか
わたしの「アサガオ」ブログへのアクセスが
とても多くなりました。
しかし、種を蒔くのはまだ早いのです。
通年ですと5月の連休明けが適期です。
IMG_3928.JPG

これは昨年の5月7日の床です。


当方、素人の朝顔づくりですが
約15年続けてきました。

「もっといい花を咲かせてみたい」
「自分で交配して独自の花を作ってみたい」
などという欲求に駆られ、専門書を読んだり、
愛好家の家を訪ねアドバイスを受けたり
伝統ある朝顔同好会に入って大先輩たちから学んだりと、

あっという間の15年でした。

たかがアサガオと思って始たのですがやってみると
奥が深くまだまだ先輩諸氏の足元にも及びません。

極みに達していないうちに止めるのは無念ですが
今夏から大幅に縮小することにしました。
猛暑の夏に、300数鉢の世話は結構大変なのです。

そんなわけで今夏は、
1/10の30鉢程度に抑えます。
ただいま、寒風に晒してあった種を
少しづつ整理しているところです。

さて、種まきの時期ですが
以前のブログでも記してありますけれど
気温が26度くらいに安定してからの方が良いとおもいます。
それ以前でも育たないことはありませんが
発芽率が悪く、丈夫な苗ができません。

庭や、鉢にただ蒔いただけでは、太くなりません。

苗の茎の太さが5~6mm位になるように育てないと
いい花は咲きません。

今の時期にやるべきことは土づくりと肥料づくりです。

詳しくは、わたしのブログを参照ください。

<カテゴリー>

マイ・アサガオ14
マイ・アサガオ15
マイ・アサガオ17 

上記を開いてみてください。


わたしの現在の作業は、種の継承保存のために
種を希望するかたに差し上げるため
種入れ袋用のラベル(下図)を作っている最中です。

IMG_20180406_0001.jpg

IMG_20180406_0002.jpg


[サッカー]

※健康維持のため、今年から趣味を少しずつ減らしていこうと思っています。




タグ:アサガオ
nice!(64)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年の桜4 [花と心象]

世の中に 絶えて桜の なかりせば

春の心は のどけからまし ※

在原業平「古今和歌集」


近隣の桜見物もこれが最後になるかもしれません。

次回からは、東北や信越方面の桜を追いかける予定です。

今日は、千葉県八千代市を流れる

新川の桜堤です。

1.JPG

桜の紹介なのに、なぜこの建物が?

じつは、ここの駐車場に車を置いて歩きはじめたのです。

2.JPG

ここは県立八千代広域公園内にある

八千代市の中央図書館なのです。

実に環境の良い場所に建っています。

この中から、堤の桜が見えるのです。

3.JPG

16万冊の図書を揃えてあります。

近くに先祖と自分のお墓があるので墓参の折に

立ち寄る場所です。

ここの素晴らしいのは、

読書スペースや学習スペースが広くて小部屋がたくさんあるところです。


4.JPG

読書に疲れれば窓外の桜で目を休めます。


5.JPG

館内はこの辺にしてつぎは堤を歩きます。


続きを読む


タグ:さくら
nice!(62)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年の桜3 [花と心象]

今年の桜はことのほか心にしみます。
17日前の心臓手術がもし失敗していれば見ることができませんでした。
つぎの一首は自分の今の心境にぴったり当てはまります。


春ごとに 花のさかりは ありなめど あひ見むことは 命なりけり※
読み人しらず [古今和歌集] 

今年の桜には、今年だけにしか出会えません。
読書や墨絵を少し控え、太陽の下で「今」を追いかけています。
北に向かうのは来月上旬からにして
今は、近隣を巡っています。

いすみ鉄道.JPG

まずは、いすみ鉄道で千葉県夷隅郡大多喜城へ向かいます。


夷隅鉄道沿線.JPG

一両しかない車両の外から眺める桜

車内も車外もテッチャン(鉄道マニア)がいっぱいでした。


あとは続き欄に・・・。





続きを読む


タグ:さくら
nice!(57)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年の桜2 [花と心象]

心臓の手術が終わったばかりなので

昨日の登山同好会の例会は欠席です。


今年の桜は、じっくり鑑賞できないのではと思っていましたが

術後11日が経ち順調に回復。

足の衰えをカヴァーしようとこの3日間

東京九段・千鳥ヶ淵や地元千葉の花見にでかけてきました。

3日間で33、500歩ほどをゆっくり歩きましたが手術前の症状

(胸苦しくなり、貧血状態で立ち止まってしまう)は、一度も無く、

快調です。

歩いた順に写真を載せてみます。

まずは都心の九段から

1.靖国神社1.jpg

靖国神社 


IMG_4852.JPG

この日は隣地・法政大学の卒業式だったため

和服姿の女子学生がたくさんいました



2.靖国神社2.JPG

靖国神社 神社裏の池畔

参拝客があまり行かない(知らない)裏庭です。

自分にとっては勝手知ったる裏庭です。というのは

高校生の頃、参道わきの現在白百合女子学園の出入り口付近にあった

米国人弁護士宅で

なんどか寝起きしていたことがあるからです。


4.千鳥ヶ淵.JPG

千鳥ヶ淵 

お濠のボートはゆったりと動いていますが

散歩道は人ごみで大混雑でした。


5.半蔵門近くののモクレン.JPG

半蔵門駅に向かう途中で見つけた見事なモクレン


次は千葉です。

6.千葉公園1.jpg

千葉公園

ここは枝垂れ桜が多いのですがまだ半分程度しか咲いていませんでした。

来週の日曜あたりがいいかも・・・


7.千葉公園2.JPG

池のボートは、まだ客待ちの状態で寂しそう


9.草野水路1.JPG

草野水路

ここは、水路に沿って約2キロ桜並木が続いているのですが

見物人が少ないのでのんびりじっくり鑑賞できる穴場です。


 

さくらは朝顔ほどではありませんが、あっという間に散ってしまいます。

この時季を見逃したくありませんので、明日も桜、明後日も桜を追いかけます。


[サッカー]







タグ:さくら
nice!(43)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

後期高齢者の心臓手術 [長く生きてりゃ・・・]


娑婆の空気がこんなにもおいしいと思ったことはありません。
一昨日まで、畳3枚ほどの独房に数日間隔離されていたためです。
犯罪を犯したわけではありません。
心臓の手術(心房中隔穿刺を伴う心筋焼灼術)をしたためです。
外出できなかった間にたくさんの花木が咲き始めているのをみて
嬉しさ,楽しさでウキウキです。

1.ヒガンザクラ★.JPG

ヒガンザクラ


寒緋桜.JPG

桜はこんな散り方をしない。???


2.緋寒桜★.JPG

寒緋桜


3.ヒヨドリと緋寒桜.JPG

花柄ごと地面に落としている犯人が見つかった。


5.サンシュユ★.JPG

サンシュユ


6.エリカ★.JPG

エリカ


さて、続き欄はこのたびの、手術体験記を載せてみます。

何かしらのお役に立つかもしれません。

◆◆◆



続きを読む


タグ:入院
nice!(70)  コメント(23) 
共通テーマ:日記・雑感

冬の目覚め [花と心象]

長い冬から目覚めたヒメキンギョソウ、チューリップなど草花が

勢いよく芽吹いています。

きょうは、ムスカリをはじめクマガイソウやバイモユリも咲き始めました。

カメラで納めようとしたけれど、どこかに隠れてしまったので

今月になってから練習がてら色紙に描いた墨絵で

代用します。

1.JPG

シュンラン


2.JPG

これは花ではありませんが・・・


3.JPG

シュンランと岩


4.jpg

名まえがわからない花


6.jpg

牡丹1


5.jpg

牡丹2


おしまい[サッカー]



nice!(62)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひな祭り あれこれ [長く生きてりゃ・・・]

IMG_4495.JPG

雪のなか毎年小千谷市で行われる熱気球大会「風船一揆」


昨日は五節供(ごせっく※)のひとつ「ひな祭り」でした。

日本のひな祭りの原点は

平安時代の貴族の遊びで人型に切った紙を水辺に流す

いわゆる「流し雛」です。

いまでも月山神社や湯殿山神社などで

お祓い時に見ることができます。

立体的な雛になったのは江戸時代の中ごろから

広まりました。

娘の健康と幸せを願っての年中行事も

地方によってさまざまです。


わが家にも娘がおりますがもはや中年。
雛飾りは遠い昔の思い出になりました。
そこで熱気球のようにあちこちふらついて見てきた雛飾りを
今回は掲載します。


続きを読む


タグ:雛祭り
nice!(65)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平昌オリンピックに思うこと [長く生きてりゃ・・・]

平昌オリンピック.png

長く生きていますと

東京オリンピックを2度も観れます。

あと2年命が持てばそれが実現しますので

日々健康に留意しながら過ごしている私です。

運動馬鹿のわたしですが、

今回の平昌冬季五輪はゆっくりTV観戦できません。

墨絵の県展締切が迫り、それどころじゃないのです。

IMG_4405.JPG

そんなわけで久しぶりに更新です。



続きを読む


nice!(67)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

日本語は、むずかしい [長く生きてりゃ・・・]

日本人に生まれて3/4世紀

「ながく生きてるんだもの俺の日本語は正しいよ」

そう思うのは浅はか・・・・?。

けっこう使い方をまちがえている。

きょうの日記は体験談をふまえて、そのむずかしさを記します。

足軽2.jpg


尻軽2.jpg


ご興味のある方は続き欄をクリックしてください。




続きを読む


タグ:日本語
nice!(67)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

雪と寒風 [長く生きてりゃ・・・]

豪雪地の人には

笑われてしまうかもしれないけれど

8日前、都心は大雪になった。

隣接の千葉もご覧のとおり。

1.JPG

夏の季節、「枝垂れ朝顔」を吊るした紅葉の庭木もこんな具合になった。


2.JPG

ピラカンサスに雪はよく似合う


3.JPG

ご近所はこんな具合・・・。



4.JPG

運動場も一面の雪


明後日もまた雪らしい。

こどもの頃は、雪が降れば子犬のようにはしゃぎまわったものだが

5.JPG


長く生きていると、人間は猫に近くなることがわかった。

★S炬燵猫.jpg

今は、こたつで丸くなる日々である。


「東京湾に蜃気楼のひとつといわれる浮島現象が起きた」

という新聞記事を読んだ瞬間犬に戻って海岸に走った。

ところが風が強くめちゃくちゃ寒い。

13.jpg

ヨットハーバー隣の砂防堤前もご覧のとおり。

犬を連れた人がひとりだけとは寂しい。

海面を見れば白波が立つなか

風ニモ負ケズ冬ノ寒サニモ負ケヌ

若者たちがいる。

11.jpg

チムニーの煙の流れを見れば風がいかに強いかがわかる。

経験的にいうと13m/secは吹いているようだ。

10.jpg

左上部に富士山がうっすらと見えるが浮島現象ではなかった。

12.jpg

ドライスーツ※を着ているとはいえ、なにもこんな日に・・・と思う齢になった。


あまりの寒さに10分ほどで車に戻る。


[るんるん]春よ来い 早く来い 歩きままならぬ爺さんが

たーんと薬を飲みながら 心臓止まると泣いている~


[サッカー]

ドライスーツとは:ウェットスーツは、海水が首や腹部等から入ってくるのに対し、首部分がきつくなっていて海水がなかに入らないようになっている防寒海洋スポーツ・スーツ。



タグ:雪と北風
nice!(71)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

山羊さんと夕焼け [人生とは死ぬまでの暇つぶし?]

幼いころ近所にあごひげを生やしたお爺さんがいた。

いつも東の方角からリヤカーを牽きながらやって来て

西の松林の方に消えていった。

ぼくらはこの老人を「やぎ爺さん」と呼んだ。

自分も山羊爺さんと同じ年頃になったがあごひげはない。

山羊を見るたびにあの爺さんを思い出す。

メイメイの瞑想.JPG

瞑想する山羊


浮世絵の始祖と言われる菱川師宣※の代表作は、下図の
『見返り美人』である。
見返り美人 菱川師宣.jpg
山羊だって負けてはいない。
見返り美人.JPG
見返り山羊
一方、叡山には日本一厳しいという「千日回峰行」という修行がある。
一日2時間しか眠れず、毎日山中を30キロも拝みながら歩く。
寝る時も立って寝るというから並みの人にはできない修行だ。
大峯千日回峰行5.jpg
阿闍梨の「千日回峰行」
ところが山羊の世界にも厳しい修行をする者がいる。
千日回峰行 .JPG
山羊の「千日回峰行」  高さ約2m、幅20cmの細い板上を黙々と歩く。
 
満願かなって「北嶺大行満大阿闍梨」になれるか?


他方、厳しさの足りない乾燥肌の山羊は
冬は、かゆいの、かゆいの.JPG
「痒いいの、かゆいの、たまんメ~」・・
水飲み場のコンクリートの角に何度も何度も体をこすりつけて痒みをとっている。
山間のサンセットはあっという間にやって来る。
夕焼け2.JPG
夕焼け1.JPG
癒された一日。
[サッカー]
※菱川師宣は、南房総の鋸南町生まれ。JR房総西線「保田駅」近くに生家跡がある。
公民館前に記念館もある。




タグ:動物
nice!(73)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

河童は今も生きている?・・・ [人生とは死ぬまでの暇つぶし?]

早いもので一昨日から大相撲初場所が始まった。

期待の横綱稀勢の里は早くも2敗。

四股名のせいだろうか。

横綱になったとたん稀にしか勢いがでない。


稀勢の里の故郷は牛久市(茨城県)である。

牛久には水戸街道沿いに河童の指のような形をした沼があって

昭和の初めまでここに

「絵を描く芭蕉」といわれた小川芋銭(うせん)さんが住んでいた。

かれは自然を愛する人で、俳句や書にも長けた画家だった。

MTW201204130812200035685[1].jpg


なかでも『カッパ百図』は、とくに有名である。

2.jpg

芋銭の河童図


半世紀前、『橋のない川』の著者・住井すゑさん宅を訪れた際、

近くにあった芋銭記念館『雲魚亭』に立ち寄った。

このとき「百図」のなかの1枚に釘付けになる。

それは明治39年、波崎(利根川をはさんだ銚子港の川向こう=茨城県神栖市)の

漁師二人※が鰻漁の最中に船べりにたたずむ河童を実際に見たとのこと。

それを聞いたある人が

二人の目撃談を参考に河童の絵を描いた。

更に芋銭がこの絵を参考に描いたという1枚(下図)である。

船べりの河童図.jpg

この絵を見て以来、いつか自分もこの目で見てみたいと

思い続けてきた。


生きてる間にと、このたび利根川の河口に近い笹川へ探しに行く。

出会ったのは、河童ではなく、

友だちのような枯れすすきばかり。

で、場所をもっと河口寄りの銚子港近くに移すと、

いまもいた、いた! 大感激!。

なんと村まであるのだ。

以下、河童村のみなさん。

銚子の河童村CIMG6119-SS.jpg

銚子の河童村CIMG6118-SS.jpg

銚子の河童村CIMG6116-SS.jpg

銚子の河童村CIMG6120-SS.jpg


じつは拙宅にも長年描き貯めた河童が90匹以上いる。
★★SS水中のお色気河童.jpg
水墨画を始める前の駄作


あらたに5月の「墨の県展」用に年明け一気に26匹ほど描いた。

IMG_20180116_0001-2.jpg

制作中の部分画



こんなわけでブログ更新が後回しになってしまった。

稀勢関同様、稀ではあるがブログ更新に1時間ほど勢を注いでみた。


[サッカー]

※二人の漁師とは:篠塚平五郎と篠塚仁助の両名。余談ですがこの地区には篠塚姓が多い。かつて読売ジャイアンツの天才バッター・篠塚和典(登録名は利夫)選手も銚子市育ち。



タグ:河童
nice!(63)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

年の初めのご挨拶 [水墨画]

SS色紙に干支で賀正.jpg

今年も下手な絵と文ですがお付き合いください。

タグ:墨絵
nice!(86)  コメント(33) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

年の瀬に [長く生きてりゃ・・・]

SSS★涅槃のおれ.jpg

「寝正月」ということば何度も聞きますが

「寝師走」なんてことばは聞いたことがありません。

ところが何かと忙しい年の瀬に

体調を崩し連日寝ています。


時々、心臓の動きが止まることは以前記しましたが

今回はインフルエンザと

心房細動の再発が同時にやってきました。


そんなわけで、更新やniceボタンの返礼もできず

失礼しています。

今年一年アクセスをしていただきました皆様に

こころより御礼申し上げます。

とりあえず、年末のご挨拶といたします。

良いお年をお迎えください。


[サッカー]

タグ:年末
nice!(42)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

北風の中で [長く生きてりゃ・・・]

気まぐれ日記 

2017.12.17


 SS★柴犬 落款入り-4.jpg

木枯らし吹く中、川沿いの道を歩いた。
何度も歩いている河畔だが珍しく川鵜ではなく
海鵜が50羽ちかく川面に浮かんでいる。
海が荒れている日は、こちらの方が捕食しやすいのかもしれない。
いつもなら我がもの顔で採餌しているアオサギや白鷺も
黒の集団に恐れをなしたのか
芦や枯れ尾花の茂みに隠れているらしく姿が見えない。
 3キロほど歩いた時、
前方から黒の柴犬を連れたご婦人がやってきた。
柴犬は他人になつかないはずだが、
声をかけるとニコッと笑ったようなしぐさをして尻尾を振った。
「可愛いですね」
「ありがとうございます」
「何歳ですか?」
「47歳になります」
「いや、奥さんのじゃなくて犬の年齢です」
「あら、はずかしい! この子は12歳です」
「もっと若く見えますね」
「いいえ~、人間でいえば60歳をとうに超えているんじゃないかな、
もう、くたびれ爺さんですよ」

黙して語らずその場を去ったが、
心のなかでは
「じゃあ古希を4年も過ぎた俺はなんなのさ・・・。くっそ~!」 

13年後、ここで再会したら
「あなたもくたびれババアになりましたね」
と言い返したいところだが
その頃こちらは草葉の陰よ。

[るんるん]北風ジジイの寒太郎~


[サッカー]

nice!(77)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

ジジ・ババの遠足 [長く生きてりゃ・・・]

 [るんるん] おれは河原の枯れすすき

  同じおまえも枯れすすき・・・・

 

『船頭小唄』にもあるように利根の河原には枯れ尾花が良く似合う。

土手の桜も風情があるが今は初冬、すでに葉は落ち,枝のみになった。

今回は(一文字ちがうが)枯れ牡花10人と、

色気が霞みつつある姥桜12人が

千葉と茨城の県境を流れる利根川の河畔を揃って歩いた。

 

1.jpg

土手から撮った22人のシルエット

 

いつもなら山頂を目指して歩を進める登山の会なのだが、

187回目の今回目指す先は、

関東三大弁天の一つ布施弁天(県重文)と、

かつて幕府の軍馬の放牧場だった「小金牧※」で

牧士(もくし)を務めた

名主・旧吉田家住宅歴史公園(国指定重文)だ。

 

2.JPG

 

3.JPG

 

 過去20年も一緒に歩いている仲間なので、

高校時代の同期生というよりも

大所帯の兄弟姉妹みたいな雰囲気である。

発足当初の話題は、子供の話が多かったが、

ちかごろは孫が大学を卒業した話などに移り歳月を感じる。

 

 「きみんちの娘さんはたしかアメリカ人と結婚したんだよね」

「うん、そうだよ。孫が二人いるの」

「じゃ、お孫さんの目は、左が黒で右がブルーかい?」

「猫ならいるよね、うちは青い目では絶対生まれてこないよ」

「なぜ?」

「だって娘は、黒人と結婚したんだもん」

 

 

早稲田の落研※OBのNくんとわたしは、

よく笑い話に花を咲かせる。

先代の圓楽さんの実弟(同落研OB)のジョークは、

じつにおもしろい、お前に似ているぜ、と言った後、

「どう見たって英は大学教授にゃ見えねえな、チャラ男だよ」

互いに知り尽くした仲間なので、

なにを言われても笑って済ませることができる。

 

ま、こんな他愛のない話を交わしながら歩くので、

19,000歩以上歩いても疲れはしない。

[サッカー]

 

小金牧(こがねまき)は、江戸幕府が現在の千葉県北西部の下総台地に軍馬育成の ため設置した放牧場である。千葉県には小金、佐倉、峰岡と3つの放牧場があったが、小金牧は一番広く、現在の野田市、柏市、白井市、鎌ヶ谷市、船橋市まで及ぶ。

 

落研:落語研究会の略称。オチケンという大学がほとんどだが早稲田ではラクケンという。

                     ◆




タグ:山麓会
nice!(77)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初冬の公園 [人生とは死ぬまでの暇つぶし?]

この春、枝垂れ桜が見事だった千葉公園を訪ねてみた。


IMG_3456.JPG

公園の目玉、大賀ハスは、季節がら茎だけ。(以下すべてピンボケ)


IMG_3463.JPG
園内の紅葉は終わって訪れる人も少ない。


IMG_3508.JPG

IMG_3506.JPG


池の野鳥を眺めていると、
ベンチでくつろぐ老人3人の会話が耳に入ってきた。


「きょう何日だか知ってるか?」
「わかんねえ、そんなの必要ねえもの」
「年号が再来年変わるのも知らねえのか?」
「なに~ いまどき年貢が変わる? なんだそれ?」
「ちがうよ、平成時代が終わり新しい年号になるってことよ」
「天皇陛下、死んじゃうのか?」
「疲れるなあ」
「俺だって、日向ぼっこと関係ねえ質問されて、かったりいよ」


[るんるん]楽しいな 楽しいな 
ジジイにゃ、学校も~ 仕事もなんにもない~ 
ゲツ ゲツ ゲゲゲのゲ~ 

思わずこんな歌を口ずさんでしまった。

[サッカー]


※「かったりい」=かったる・い[俗語]「からだがだるい」からきたことば。「めんどうだ」「もどかしい」という意。この場合「もどかしいから疲れちゃう」という意味で使っていたと思われる。


タグ:散歩
nice!(51)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

顔から火が出た 赤っ恥! [長く生きてりゃ・・・]

長く生きておりますと、いいことばかりじゃありません。

きょうは、顔から火が出るほど恥ずかしかったことを記します。


★天狗.jpg

続きを読む


タグ:
nice!(61)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | -